【完売御礼】市場には滅多に出回らないリミテッドなアイテムがRiCE ECに登場

ピーター・アイビーが手がけるガラス米びつ


RiCE.pressRiCE.press  / Nov 6, 2020

今回RiCE.pressでご紹介する一品
「Okome jar S/L

本商品の販売に関する情報:利用規約 / 特定商取引法に基づく表記 / 個人情報の取扱いについて
Okome jar L ¥36,000

Okome jar S ¥32,000

ご利用ガイド / 商品に関するお問い合わせ:info-rice-ec@scdigital.co.jp

何気ない食器から、部屋の窓に至るまで、私たちの日常にごく身近な素材であるガラス。普段気に留める機会はほとんどないが、ある作家の手にかかると、見逃すことができない特別な存在感を放つ物体となる。ピーター・アイビー、富山県に自身の工房を構え、第一線で活躍するガラス作家だ。彼の作品は、かつては嫌われることが多かった気泡も残されていることが特徴で、有機物のような佇まいさえ感じる。

 

無駄のない直線的なシルエットでありながら、愛らしいカーヴィな曲線もあしらわれている。その独特なバランスが気持ちいい。金具がついているからか、道具としての仕様にも心をくすぐられてしまう。単体で部屋に飾るのもいいけれど、ピーターさん自身が、「中に他の物質が入ることで完成する。主役はガラスではなくて中身だから」と話すように、使って機能を味わうほどに、その魅力は最大化する。

にこやかな笑顔が印象的。富山県に自身の工房「流動研究所」を構えるピーター・アイビーさん

日常的に使うものだからこそ、自ら使い心地を検証することを欠かさない。浮かび上がった難点は、その都度修正してから世に出される。

キッチン関連のアイテムも多いから、自身で料理をすることもある? 得意料理は何? と聞いてみた。「特にないですよ」と苦笑いしつつも、「自分が楽しくなるものや、懐かしい地元の料理はたまに作ります。チリとか、豆のスープを4リットルとかまとめて一度に料理しちゃうことが多い」と答えてくれた。

計量器を入れたときにも、ちょうどいい。
ユーザーの視点に立ってデザインされた米びつなのだ

人間にしかできないことをやりたい

教えてくれた料理からどことなくアメリカ南部の空気を感じた通り、テキサス州で生まれ育ったというピーターさん。地元の高校を卒業し様々な仕事に従事した後に、アートスクールで学ぶことを選択。当時はCAD、コンピュターを活用したデザインが興隆を見せていたが、それよりも手を使うこと、“人間にしかできないこと”をやりたいという理由から、ガラスを専攻することに。

卒業後にはワシントン州へと移り住み、約2年滞在。その期間には20箇所以上の工房で働いたというから驚きである。「次にどこで仕事をしているかわからなかったです。働いた先で『もう3日だけお願いできる?』みたいな。とても流動的な時間を過ごしましたね」

様々な仕事のノウハウを吸収した後、母校であるアートスクールに講師として着任。縁あって来日し、愛知県内の美術大学で自らの技術を「教える」仕事に就く。しばらくして現在工房を構える富山に移り住んだ。北陸の厳しい冬は、今年で13年目を迎える。

工場と作家のあいだで。技術が継承されるエコシステム

工房では現在、5人のスタッフと仕事を共にする。個人の工房にしては多めに感じるが、そこにはピーターさんなりの、技術を継承していくことへの想いがあった。「職人や作家になりたい人が、勉強できる環境がとても少ない。学校に通っても、実際に制作できる時間は限られている。昔は工場に師弟制度があって学ぶことができたけど、今はそういった昔からの関係がほとんど残っていない時代だから」

有名な作家のアシスタントになったとしても、本格的な業務に携わるのは難しい。工業化が進むことで、ものづくりの現場は後継が育ちにくい構造になっている面もあるか。一方でピーターさんの工房では、自身の作品とは別に、セカンドラインとしてスタッフたちが手がけるライン『KOBO』も展開、スタッフも最前線で活躍できる仕組みになっている。

「工場と、現代作家の間の考え方なんです。スタッフにとっては成長できる環境と安定した収入が確保される。窯はあるので、空いた時間には自分の作品を作ってもいい。知見や技術はどんどんシェアされて、工房そのものに残っていきます」

機能を可視化する。強度のあるデザイン

仕事のあり方だけではなく、ピーターさんの「生活」についても聞いてみると、工房と同じ敷地内にある戦後すぐに建てられた日本家屋をリノベーションして暮らしているという。そんな日常からもインスピレーションを受けることは多い。「古い家なので、建具が組まれている様子を直接目にすると、本当にすごいなと思います。長い時間をかけて徐々に受け継がれアップデートされてきた“技術”に圧倒されるんです」

リノベーションを施す前の住居の様子。
建具の中には、現在も家を支える重要な存在として機能しているものも

確かにピーターさんの自宅は、室内の建具が剥き出しになっている部分があり、木材がどういう理由で構造的に家として成立しているか、見えるようになっている。技術があることでうまれた機能が、可視化されているのだ。「ただの古いもの好きではないんです。ビンテージの“スタイル”だけでは、自分にとってあまり意味がなくて。あくまで技術があって、それが見えるのが好きなんです」

現在のピーターさんの住まい。採光性も高く、こだわり抜いた空間。天井部の梁は改修前から健在だ

「意識して作ることはできない」

そのような話を聞くとピーターさんの米びつは、確かに技術が可視化されているデザインだと合点がいく。例えば米びつの金具の部分は、スイングボトル(カフェなどで水を注ぐ際によく用いられる、ガラス製の瓶)の蓋部の金具から着想を得て、その機能を美的に拡張したと言えばいいだろうか。

米びつの開閉は、蓋の上と側面の金具をそれぞれ手で動かすところから

留め具を嵌めたり、外したりする動作も気持ちいい

「Form Follows Function」(形態は機能に従う)というのはアメリカの建築家、ルイス・サリヴァンの言葉であるが、そこからさらに先のスタンスに思う。機能美を体現するような形状に、ひと捻り効かせることによって、より美しく、よりわかりやすいものに仕上げているのだ。

このような作品が作られるプロセスも、並々ならぬものである。「意識して作ることはできないんです。本当に体が慣れてこないとダメ。無意識にならなければいけない。制作に何ヶ月かブランクがあると、最初の2日3日で出来たものは全部捨ててしまいます」

しかし意図とは違うものができても、「食器としては不十分でも、花器だったら素晴らしいという可能性はある。正解を決めすぎると、綺麗なものが見えなくなってしまうので」定めたゴールに対する基準はあれども、フラットな目線は失わない。

長年の使用にも耐えうるべく、衝撃を直接吸収するボディの端部は、ガラスを折り返すことで強度をアップ

そのような視点に立てば、使用用途も米びつに限らないかもしれない。コーヒー豆をいれても、漬物をいれたっていい。

しかし、あえてひとつだけ条件をつけるとすれば、毎日使うようなものをお勧めしたい。一般的な保存容器とは異なり、蓋の開閉時にパチンという気持ちの良い音が鳴るのは、その機能が表出されているからこそ。ともすれば淡白になりがちで、すっと流れてしまう日常に、心地いい違和感を与えてくれるはず。

 

当たり前の瞬間が、思わず笑みが溢れるような特別なものになる。そんな時間を重ねたい人には、このガラス米びつがぴったりだ。

米びつの中には、違いのわかるお米「龍の瞳」をぜひどうぞ。

本商品の販売に関する情報:利用規約 / 特定商取引法に基づく表記 / 個人情報の取扱いについて

 

ご利用ガイド / 商品に関するお問い合わせ:info-rice-ec@scdigital.co.jp

 

Peter Ivy|ピーター・アイビー

アメリカ・テキサス州出身。デザイン学校を経てガラス作家の道へ。2002年に来日し愛知教育大学で教授を務めたのち、富山県に移住、自身の工房「流動研究所」を構える。

CREDIT
Produce: Harumi Fukuda
Photo & Video: Yu Inohara (TRON)
Text: Shunpei Narita
Coordination: Miho Akahoshi & Hikaru Yamaguchi
TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく