ブレッドギークの池田浩明氏監修

パン生地にフォーカスした「カレーパンの正解」発売


RiCE.pressRiCE.press  / Feb 7, 2022

RiCE第13号「おいしいパンの秘密」にご登場いただいた、パンの研究所「パンラボ」を主宰する池田浩明氏。ブレッドギーク(パンおたく)として知られる池田氏が、パン生地にこだわった究極のカレーパンを誕生させました。

池田氏が見出したカレーパンの正解とは?

日本全国、年間1000個以上のパンを食べるブレッドギークが、理想を追求し探し当てた答えは「パン生地にこだわれば、カレーパンはもっとおいしくなる」ということ。美味しいカレーパンの新定義「かりかり+もちとろ」を実現させるため、池田氏がリスペクトする新百合ヶ丘の人気ベーカリー[nichinichi]の川島善行シェフと共同開発しました。

生地には、国産小麦ならではの甘さが特徴の小麦粉「春よ恋」を使用。「かりかり」を実現させるため、揚げるのでなく軽やかな風味の米油を回しかけて焼き上げました。また、カレーパンには珍しい、高加水技術(生地にたくさんの水分を含ませるもの)を採用したことで「もちもち」食感を作り上げています。

カレーには、クミン・コリアンダー・カルダモンなど12種類のスパイスをブレンドし、柔らかくなるまでじっくりと煮込んだ牛すじ肉を具材として採用。もちっとした食感の高加水生地との相性はバツグンなのです。香り豊かでトロトロな牛すじ肉カレーと、パン生地が口の中でとろけ合います。牛肉のアミノ酸と小麦のでんぷんが融合し、本能を揺さぶる快感なんだとか。

自宅で焼き立てのような状態を再現可能

注文すると冷凍の状態で届きます。できたてのカレーパンがそのまま冷凍されているため、美味しさが保たれた状態で食べられるのです。ご自宅のトースターや電子レンジで温めるだけでも十分美味しいのですが、オリーブオイルなどお好みのオイルをふりかける「一手間」を加えたのちに、トースターなどで温めていただくのがオススメ。最後の一手間でカリッとした食感が増し、風味も豊かになるのです。

127日(木)の初回販売分は早くも売り切れに。次の販売は2月10日(木)を予定しているそうなのでお買い逃しなく。パンをこよなく愛する池田氏がたどり着いた正解を、是非一度お試しあれ!

『カレーパンの正解』
価格
4個セット 2,000円(税込)
別途送料1,300円(初回送料無料)
販売期間
2022127日(木)販売開始
配送方法
冷凍
販売方法
「GOOD EAT CLUB」 特設ページにて販売
TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく