国内外からチョコレートの作り手が勢ぞろい

「Craft Chocolate Festival」 開催


RiCE.pressRiCE.press  / Nov 12, 2018

チョコレートの新たな可能性を体験

青山・国連大学中庭にて2018年11月24日(土)25日(日)に「Craft Chocolate Festival」が開催される。

今回初開催の本イベントでは、それぞれの想いが込められたチョコレートを作る国内外のチョコレートメーカーが集まり、様々なクラフトチョコレートや、料理人とコラボしたカカオの料理、パティシエによるチョコレートスイーツ、チョコレート作りのワークショップなど、クラフトチョコレートの多様性を感じられるフェスティバルとなっている。

チョコレートをドリンクとして楽しめる『CACAO BAR』では、日本酒専門店[GEM by moto]の千葉麻里絵さんの作る日本酒とカカオニブのカクテルや、[GEN GEN AN]プロデュースのお茶とカカオのドリンクを楽しむことができる。

▲ [GEM by moto]の千葉麻里絵さんの『カカオニブのカクテル』

▲ [GEN GEN AN]プロデュースの『カカオグリーンティー』

渋谷のフレッシュチーズ専門店[Cheese Stand]のチーズ職人、藤川真至さんが、カカオとチーズの相性の良さを追求してできた2品のスイーツや、代々木八幡にあるビストロ[PATH]のパティシエ、後藤 裕一さんがクラフトチョコレートを使用した究極のアーモンドチョコなども登場。その他にも『Minimal-Bean to Bar Chocolate』プロデュースのどら焼きなど、Craft Chocolateを使った究極のスイーツが会場に集まる予定だ。

また、25日(日)には、世田谷の[Bean to Bar工房ショコル(xocol)]代表の君島加奈子さんが、カカオを使った料理のワークショップが開催。ベトナムのサンドイッチ ”バインミー” に、カカオを調味料として応用した料理の体験イベントとなっており、カカオの意外な組み合わせをより楽しめそうだ。他にも、カカオから選んで自分だけのチョコレートを作るワークショップなど、実際にカカオに触れることのできる催し物が目白押しとなっている。

『クラフトチョコレート』や『Bean to Bar Chocolate 』と呼ばれるような、より生産者に寄り添い、環境にも配慮し、それぞれのカカオの味を生かしたチョコレートが日々誕生している。チョコレートの新たな可能性の広がりをこの「Craft Chocolate Festival」で体験してみてはいかがだろうか。

『Craft Chocolate Festival』

日程 : 2018年11月24日(土) 25日(日) 11:00 – 17:00
会場 : 青山国連大学前 中庭
Farmer’s Market @ UNU と同時開催
料金 : 入場無料

Web : http://farmersmarkets.jp/craftchocolate01/

※雨天決行、荒天中止

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく