ジェットセッターズ・ランチ

渋谷 さばの味噌煮定食 VS 福岡 キーマカレー VS 京都 老舗そば & スイーツ


Yoshinori OkadaYoshinori Okada  / May 2, 2018

常識を覆すさばの味噌煮

こんにちは。

だいぶ空いちゃいました……。ごめんなシャイ。正直色々な場所にジェットセットしましたが、食べ物には賞味期限が御座いますので、執筆時までの3日間にセグメントして記していこうと思います。まずは、我らが東京から。

渋谷の東急本店を抜けた先にある通り、通称 “奥渋” を代々木八幡駅方面に向かっていく途中に、一軒家のようなお店がありんす。

一見魚屋さんのような風貌のお店が[魚力](うおりき) です。ここは以前、代々木八幡で働いていたコトがあり、ランチに足繁く通っていたお店です。

入口に入ると、壁にメニューが書かれた札が立てかけてあり、自分でそれを持って、1階か2階に通されます (ちなみに僕は1,000回くらい通ってますが、1階に通されたことは1度しかありません) 。今日は定番かつおそらく名物の「さば味噌煮定食 (カミ) 」をチョイス。

2階に通されると、まずお母さんに札を裏返せと脅されます (施されます) 今日は7でした。という訳で本日のアタリ番号に当選。ラッキーという訳でサイドメニューから1品もらえます。今日は明太子にしました。

そんなこんなで、すぐにさばさんが到着。ミッキーマ○スみたいな形で写真が撮れちゃいましたが、相変わらず美味そうです。

黄金に輝くプースー (スープ) の中に、大きなサバ (今日は頭方面) がドッカンと入ってます。魚料理なのに、スプーンが添えてある理由は、触れてみるとわかります。とにかく柔らかいんです。しかも骨まで食べれます。正直初めて食べた時はさばの味噌煮の常識を覆されました。

ボリュームもあるので、すぐお腹いっぱいになっちゃいそうですが、確実におかわりをかましてしまいます。甘めのスープと柔らかいさば、それをスプーンでガンガン食べる。うまーで最高です。他の焼き魚もどれも美味しいので是非一度訪れてみてください。ごちそうさまでした。

行列必至の人気カレー店

今回も2店目を。もうお決まりの場所、福岡です。

ずっと行きたかったお店があるのですが、そこはいつも、瀬田の交差点のような大渋滞。せっかく近くで打ち合わせだったので、駄目元で覗いてみると……なんということでしょう。2組しか並んでないじゃないですか!

そのお店の名前は[ダメヤ]

名前の意味は分からないけどとにかく素敵な名前です。僕が福岡に行くと、お決まりで夜の2件目で伺う[つどい]の隣にあって、大人気のカレー屋さんです。

1度も入れたことがないので今回が初体験。並びや写真のルールが厳しく、正直あまり情報がなかったのですが、カレー大好き人間としては、待ち時間すら鼻息と共に高ぶります。程なくして呼ばれ、カウンターのみの店内へ。店内写真は料理以外禁止なので、さらっと伝えますが、普通にオシャレで居心地の良い雰囲気です。

本日のカレー 「トリプルキーマ」に、大人の財力を使って “おんたま” と “なす” をトッピング。WAKUDOKIの中、すぐにカレーが登場です。

ウォーズマンの顔 (口があるバージョン) にもそこはかとなく見える。美味しそうなキーマカレーが目の前に現れました。スプーンでがっつり頂きます。挽肉のたくさん入った水分少なめのルーは、辛さとスパイスがぎゅっと閉じ込められてて、超絶うまーです。普通盛りでもなかなかのボリュームですが、ペロリ平らげてしまいました。

毎回行列なので、次はいつ食べれるか分かりませんが、また必ず訪れたいと思いまする。ごちそうさまでした。

創業550余年、老舗の名物そば

今回はさらに3店目。福岡から東京に戻らず京都へ。大好きな場所ですが、久方ぶりに訪れました。

ランチは撮影のロケ地として使用させて頂いた、寛正六年創業の[尾張屋]へ (550余年前から!!!) 。 “京都商工業創業年代番付” という番付があるらしいのですが、もちのろん横綱です。

元々はお菓子屋さんだったそうで、入口にはそば餅が並んでました (ちきしょー写真撮りわすれました) 。歴史を感じさせる外観と、趣のある店内。さしぶりに畳の上で食事をする運びに。おしながきに尾張屋の名物として推されている、宝来そば をお願いしました。

程なく到着。

え! 五重の塔みたいなのがあらわれた! どうやら「わりご」という風流な五段の漆器に盛り付けた蕎麦を、一碗ごと異なる薬味でお召しあがる感じみたいです (HPをググりましたYO) 。なるへそ。薬味を変えて変化を楽しむパターンどすね。

素直な僕はピンクの説明書の指示通り、色んなトッピングを楽しみました。そして、とても上品なお蕎麦で美味でした。

お店を出た頃には、大行列でした! ごちそうさまでした。

流石にここで終わると思いきや……ところがぎっちょん。ロケも巻いて無事に終了し、東京に帰ろうかと思うと、巻きすぎた為、少し時間があるということで、同行していた FIRSTORDER 伊藤 と甘いものを食らうコトに (事前にインスタで調べてチャンスを伺ってたらしいです……) 。

[KISSHOKARYO KYOTO ]へ。

メニューを撮り忘れたので、名前は忘れましたが、僕は年甲斐もなくきな粉のパフェみたいのを。

伊藤はどでかいほうじ茶のかき氷食べてました。

頭のきな粉の層をかち割って、レーター (黒蜜) をかけながら食べます。超ド級に甘そうですが、甘すぎずとても美味で疲れが吹っ飛びました。

ごちそうさまでした。

長文書きすぎて、そろそろ飽きてきました……。今こそ甘いものが食べたいです……。

最後にお仕事のご報告です。

浦和出身の僕にとっては、
誇り高く、物凄く光栄なお仕事をしました。浦和駅に開通した、浦和中ノ島地下通路 (通称、ウラワサッカーストリート)「URAWA SOCCER STREET」コンセプトムービー の製作を。

「URAWA SOCCER STREET」コンセプトムービー

浦和レッズスタッフ皆さま、
大喜多正毅監督と共に製作した、
浦和のまち、サッカーのまち浦和、浦和レッズを収めた映像です。また、ストリート全体、浦和レッズオフィシャルショップ「レッドボルテージ」のクリエイティヴも、
ふつつかながら担当させて頂きました。是非!
https://cyclestyle.net/article/2018/03/14/59752.html

こちらはコメントまで掲載頂きました。
http://music-book.jp/video/news/news/179522

ご愛読ありがとう御座いました。では。

魚力
住所: 東京都渋谷区神山町40-4
電話: 03-3467-6709
時間: 11:00~16:00(L.O)、17:30〜20:30(L.O)
定休: 日曜、祭日

ダメヤ
住所: 福岡県福岡市中央区薬院3-7-30
営業情報はHPにてhttp://dameya.jp

尾張屋本店
住所: 京都府京都市中京区車屋町通二条下る
電話: 075-231-3446
時間: 11:00~19:00(L.O 18:00)
定休: 1/1、1/2のみ

KISSHOKARYO KYOTO
住所: 京都府京都市東山区古門前通東大路東入ル石橋町306
電話: 075-708-5608
時間: 10:00~19:00(カフェは11:00より)
定休: 無休

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく