VAISAから「STAY HOME」コレクションがリリース

お家時間に「茶ハガキ」を贈るのはいかが?


RiCE.pressRiCE.press  / May 7, 2020

ポップな絵柄のパッケージに日本茶が封入されていて、宛名とメッセージを書き、切手を貼ってポストに投函することができるプロダクト「茶ハガキ」をご存知でしょうか。お茶とともに気持ちも添えることができる優れものは、クリエイティブチームsindenが2016年より手がけるVAISAというプロジェクトからローンチされています。新型ウイルスによる昨今の変化のタイミングで、「STAY HOME」なコレクションがリリースされました。

「価値ある時間を大切に」というコンセプトで、商品の開発はもちろん、さまざまな企業とのコラボレーション、ポップアップなど勢力的に活動してきたVAISAですが、「何がおこるかわからない時代だからこそ、お茶を飲んでゆっくり自分を見つめなおす時間を」と、急遽発売を決めたという今回の限定パッケケージ。購入したものを自宅で飲むのもいいですが、やはり誰かに送ることで気持ちや感謝を届けられるのが最大の魅力です。思いを馳せつつギフトしてみるのはいかがでしょう。

三種展開のパッケージはそれぞれに意味があり、味も香りも異なります。ピンクのものは「Stay Home Chill Together」というメッセージが込められていて、オリジナルキャラクターであるVAISAくんが、住居型の被り物をしながらくつろいでいる様子が描かれています。中身は埼玉県産のほうじ茶で、 “狭山火入” という独特 の製法を経ることで、甘くて濃厚な風味に。

「Clean Hands Clean Mind」と銘打ったブルーのパッケージは、バイサくんがコロナ対策に欠かせない「手洗い」を真剣に行っている様子が。一番飲みやすくシンプルな緑茶はこちらのモデルですので、普段はコーヒー党の友人や、お茶をあまり飲まない人にもいいかもしれません。

パソコンに向かいZOOMでミーティングでもしているのでしょうか。こちらは茨城県産の玄米茶で、穀物の香ばしい香りが特徴のひとつ。たとえ物理的には離れていても、同じお茶を飲むことで、どこか繋がっているような感覚を味わえるはず。イラストの通りですが、送りあった相手と互いにお茶を飲みながら、香りや味の感想を伝え合ったりするのもいいかもしれないですね。

ご紹介したコレクションは、VAISAの公式オンラインショップで販売中です。お世話になっているあの人に、もしくは久々に会いたいというあの人へ。こんな時代だからこそ、お茶が繋いでくれるご縁があるかも。お茶のクオリティも折り紙つきです。

 

VAISA

「価値ある時間を大切に」というコンセプトのもと、現代の若者に向けて日本茶を熱く、そして愉快に届けている個性的な日本茶プロジェクト。東京を拠点に、様々な分野で活躍する若手デザイナーやクリエイター集団「sinden」により2016年にスタート。
www.instagram.com/vaisa.jp

 

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく