9月26日(土)明治神宮前・MIZUcafeにて

16名限定! 森枝幹シェフ出演。ランチトークイベント


RiCE.pressRiCE.press  / Sep 17, 2020

東京のフードカルチャーを牽引するトップシェフたちに、朝・昼・晩と三食のレシピを教えてもらうRiCE.pressの連載「潤いのレシピ」。いままではwebサイトでの連載という形でお届けしてきましたが、9月26日(土)には画面から飛び出し、原宿にある[MIZU Cafe PRODUCED BY Cleansui]にてランチトークイベントを開催します。企画にて提案いただいた料理を実際に食べながら、シェフによるトークも聞けるという、贅沢な内容で実施予定です。

イベントに登場いただくのは、森枝幹シェフ。食に感度の高い人なら絶対に外すことのできない下北沢の人気レストラン[Salmon&Trout]で立ち上げからシェフを務めた後、現在は渋谷新生PARCO内のタイ料理店[chompoo]にて腕をふるい、日本におけるタイ料理の常識を日々アップデートし続けています。連載では三食分のレシピを教えていただいたきましたが、イベントでは朝食にと提案いただいた「茶粥」と、昼食として提案いただいた「茶卵」に加え、森枝さんご自宅のぬか床でつけた「ぬか漬け」も特別にご用意します。

当日は季節の食材にトッピングを変更し提供予定です

台湾のソウルフードである茶卵は、不思議と手が伸びてしまう逸品です

「どの料理も、一食それだけを食べて満足するというメニューではないけれど」と話す森枝さんですが、その分それぞれの料理は、油脂や動物性たんぱく質に頼らずとも、深い満足感が得られる味になるよう計算され、しみじみ美味しく感じる味わいです。取材では編集部もいただきましたが、そのときに感じた興奮をぜひ参加いただく方にも体感、共有してもらう時間になればと考えています。

イベントをさらにスペシャルな体験にすべく、当日は森枝シェフとRiCE編集長である稲田浩の二人で、「家庭料理というクリエイションを支える 水のはなし 」というテーマのトークイベントも開催。連載でも「水」がキーになる料理を作っていただきましたが、どんな料理を使うときにも欠かせず、普遍的な食材である「水」が、家庭料理をどう美味しくするのか。食事の時間をいかに豊かなものにするのか。圧倒的な知識量に裏打ちされた調理技術と、ジャンルにとらわれない自由な発想でフードシーンを先導・更新し続ける森枝さんと見つめ直します。

感染症対策もしっかりに、ソーシャルディスタンスには十二分に配慮した形での実施となります。それゆえ限定人数での募集、本来であればひとりでも多くの読者に参加していただきたいのが正直なところですので心苦しいところですが、ご都合がつく方はぜひご参加ください。参加が叶わない方も、当日はイベントの模様を配信予定ですのでチェックしてみてくださいね。配信のアカウントはこちらになります。

イベント参加者は、当日の様子をSNSにアップいただくと浄水器もプレゼント。決して後悔させませんので、奮ってご参加ください。お申し込みの詳細はPeatixのリンクからご確認ください。

潤いのレシピ ランチトークイベント

開催期間:9月26日(土)
12:30~ 受付開始
13:00~ イベントスタート
14:00 イベント終了

場所:MIZU Cafe PRODUCED BY Cleansui
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-34-14 原宿表参道ビル1F
  (東京メトロ 千代田線、副都心線 明治神宮前駅 7番出口すぐ)
料金:1000円 (トークイベント参加、森枝シェフによる料理込み)
申し込み:専用のPeatixリンクからお申し込みください
当日配信:Instagram@mitsubishi_chemical_cleansui
*LIVE配信は不慣れなこともありご不便をおかけする可能性もありますがご了承ください
主催:ライスプレス株式会社
協賛:三菱ケミカル・クリンスイ 株式会社
お問い合わせ:イベントについてのお問い合わせは、ライスプレス info@rice.press までご連絡ください。

 

CREDIT
Photography by  Norio Kidera

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく