おいしい裏話

「運動」( RiCE No.14 )に寄せて


Banana YoshimotoBanana Yoshimoto  / Apr 23, 2020

取材のためとはいえ、ほんもののボクシングジムにひとりで行くのはマジできつかった。だってまず縄跳びも飛べないんだもの。そもそも彼らは縄跳びなんて言わない。「ロープ」と言うのだ。
そしてそれ以前にバンデージが巻けない。左手で右手にあんなものを巻けたら、病院で働けそう。私が何回もやりなおしては地道に十分くらいかけて巻いているあれを、となりの青年はさくさくっとすぐに巻いてしまうのである。しかもきれいに。
コーチが「このまま洗濯すると他のものにからまるから、ネットに入れてね」と関係ない指導をしてくれたことが忘れられない。

取材だから自分なんてどうでもいい。周りの様子を見るのである。いろんな人がいる。なんだかわからないけれどとにかく毎日いる人とか、サンドバッグをたたくときにびっくりするほど大声で気合を入れる人とか。
たまにプロが試合前の練習に来るのだが、その速さパンチの重さといったら、格段に違っていた。プロとはすごいものだと思った。それでも試合を見に行くとその人はケチョンケチョンに負けたりしている。TVで国外の人と試合をしている人なんて、どれだけレベルが高いんだろう?
そんなことをしみじみと学んだ短いボクシング体験だった。

金子ボクシングジム
https://kaneko-boxing.com/

TAGS
BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく