朝メシ前

その国この地域あの人らしさが如実に表れるピュアな食事


Kan MoriedaKan Morieda  / Feb 19, 2018

香港では昔からのワゴンサービスの(現地ではワゴンに群がる様子からファイティングディムサムと言われていたり)飲茶を真っ黒なプーアル茶と一緒に食べたり、メキシコでは朝でもタコス、タイではお粥をいろんなお惣菜と共に。メルボルンでは美味しいフラットホワイトにカラフルな野菜や一手間かけた卵料理のプレート、あとはクロワッサン専門店のクロワッサンも美味しかったなぁ。

▲ メキシコシティの朝の市場。知らないフルーツがいっぱいだ

日本では、石川能登のさんなみ(現ふらっと)の塩漬けにした鰯やよーく発酵させた柚子やいしるとつけた大根のお漬物。滋賀は余呉湖の徳山鮓の氷魚の清し仕立てのお椀、長野の軽井沢にあるブレストンコートの一手間かけた美しいバイキングも記憶に強く残っている。

▲ タイの市場の朝ごはん。選べないほどの惣菜でいつも頼みすぎてしまう

休日なんかでは、青山のおむすびやさんのご飯とお味噌汁に塩鮭だったり、渋谷の大きい鉄板で焼いてるオープンサンドのクロックマダムといれっぱなしのコーヒー。 今じゃ行列の代々木八幡の季節の果物のサラダやグラノーラとパンオショコラがお気に入り。

▲ メキシコの伝統的なパンの朝ごはん。ちょっと甘めのパンとホットカカオが美味しい

かくいう私の平日は、平日は家の近くのカフェでコーヒーとちょっとしたパンやお菓子ですませてしまうことも多いのだが、こんな風に海外や国内でも旅行や出張に行く時や休日なんかはちょっとしたこだわりをもって朝ごはんを食べている 。

▲ タイの市場のネコ。ネコアレルギーだけど私

今回の連載ではそんな旅の経験談だったり自分なりの朝ごはんのレシピをゆるーく不定期で更新していこうと思いますので、明日の朝ごはんや旅先での参考になれるようなそんな事目指してがんばりまーす。

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく