おいしい裏話

「こってりロシア」 (RiCE No.9) に寄せて


Banana YoshimotoBanana Yoshimoto  / Dec 21, 2018

アキ・カウリスマキの映画のような乾いたユーモアというか、笑顔の裏にある冷たさというか、あの独特の間がある雰囲気をフィンランドではしみじみと味わえる。
私がヨーロッパの人に対していちばん違和感を感じるのは、夜ご飯に冷たい肉類を取ることで、すごい家だとハムとサラミだけみたいなこともある。なんでもいいから熱いものが食べたいと思うが、日本の寿司だって海外の人から見たら似たような意味かもしれないし、ありうることなのだろう。
フィンランドで一軒だけ、本誌に書いた分類の中の、金と鏡とガラス系、古き良きフィンランドの店に行ったのだが、気分としてはちょうど「香味屋」のような感じだった。こってりとしたトナカイの肉、クリームとキノコの濃厚スープ、ニシンのフライ、クリームとバターが合わさったふわふわのものをパンに塗る感じ。これでもかとやってくる濃い油の雰囲気に、あの、油っぽい丸太のように太った人がどうしたらできるのかわかる気がした。

この裏話に出てくるお店 :
ラヴィントラ・コスモス
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g189934-d806302-Reviews-Kosmos-Helsinki_Uusimaa.html

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく