おいしい裏話

ぱさぱさ(RiCE No.22)に寄せて


Banana YoshimotoBanana Yoshimoto  / Apr 6, 2022

大久保のネパール料理店だが、本格的というのを超えていて、ネパールでも食べたことがないものばかりだった。
ネパールではカレー味のカレーとカレー味のじゃが芋ばかり食べていた。しかしまたそのじゃが芋が前代未聞のおいしさで、ただゆでて炒めて塩してあるだけなのに、信じられないくらいおいしかった。あのちょっと赤みがかった大地が作る味だと納得した。

私には最初全く意味がわからなかったが、大久保の店には干し飯みたいなものがあって、それをおかずといっしょに食べると、噛めば噛むほどじわじわとおいしくなってくる。
あの乾いた空気の中ではこれは確かに合うんだろうなとしみじみ思った。日本のおかずにしっとりしたつやつやの白米が合うのと全く同じに。

ほぐし鮭(全ての鮭をほぐした系のもののなかで、いちばんおいしいと思う)

ナングロガル(干し飯あり)

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく