福島県の生産者を応援

ヒトが主役の地域産品ECサイト「シオクリビト」


RiCE.pressRiCE.press  / Nov 24, 2021

モノがほしいから買うのではなく、ヒトを応援したいから買う。お金を払う行為は投票のような意味もあるからこそ、そんな考え方も普及してきた感のある今日この頃。

オンラインで便利に様々なモノを買える通販サイトはたくさんありますが、顔の見える“あの人”から商品が届くようなECサイト、「シオクリビト」が始まりました。

「いいものは、作っているヒトが面白い」との気づきから、「シオクリビト」を立ち上げたのは、東日本大震災、台風災害、そしてコロナ禍にも負けず前向きに努力する福島県の小規模事業者や中小企業を応援する「福島県商工会連合会]。プロデュースは、食べるスープ専門店スープストックトーキョーやネクタイブランドgiraffeを手がける「スマイルズ」の、コンサルティングやプロデュースを担当するクリエイティブチームです。

ECサイトの再定義

余計な背伸びをしたセールストークではなく、生産者の何気ない日常や表情を切り取り、そこから人柄やつくっているモノの魅力、そして福島県の魅力を感じることができるように、ECはECでもEmotional Commerece(情緒的取引)のサイトになっています。

これまでのECサイトの当たり前から脱却し、目当てのモノをまっしぐらに買うのではなく、ものづくりに勤しむヒトに思いを馳せながら、そのヒトを応援するような気持ちとともに買うという意味が込められています。

生産者たちの素の表情を感じやすいよう、サイト内の写真は全て使い捨てカメラ「写ルンです」で撮影されています。

多種多様な贈り物

サイト内では、焼き菓子、日本酒、陶芸、張り子の人形、味噌…など総勢45名の生産者の多種多様な商品を購入することができます。

商品はすべてセット販売というのも、「シオクリビト」のミソ。ひとつの商品だけでなく、様々なフレーバーや仕掛けを楽しめるからこそ、ファンになってしまう仕組みがとられています。

購入した商品は、生産者が直接独自に詰め合わせ、小さなオマケと共にわたしたちのもとに届きます。何が届くのかわからないドキドキ、段ボール箱を開ける時のワクワク味わうことができますよ。

[ドゥミール]おやつ職人 根本 ルミさん
「会津の美味しいが詰まったジェラートセット」¥5,200(消費税、送料込み)
https://shiokuribito.com/collections/shiokuribito24

[大堀相馬焼 陶吉郎窯]  陶芸家  近藤 学さん
「ビアグラスセット」¥9,800(消費税込み、送料込み)
https://shiokuribito.com/collections/shiokuribito02

不便さが生む、思わぬ出会い

通常のECサイトにあるような検索用ナビゲーションがないのも、「シオクリビト」の大きなポイントです。「シオクリビト」の検索メニューは写真だけで構成された「名場面」またはその名の通りの「名台詞」だけ。

特定の生産者のページをもう一度みたい!と思っても生産者名や品物名で検索することができません。商品にたどり着くにはサイト内で異なる「シオクリビト」のエピソードを読むことになり、結果として一期一会の出会いを繰り返すことでまた新たな生産者の魅力に出会うことができるのです。

読み込む度に本文が変わる

商品ページを見る際に、「シオクリビト」たちの幼少期の思い出や青春時代、趣味や家族の話、日々のルーティンなど、ひとりひとりのエピソードを見ることができます。
むしろエピソードを見ることなしに商品ページにたどり着くことはできません。さらには、ページを読み込むたびに本文が変わる仕掛けもされていて、飽きることなく何度もサイトを楽しむことができます。

[大椙食品]豆腐職人 大椙 広さん
明治34年創業、叶や豆 大椙食品の5代目。百貨店のファッション部門に勤務した後、家業を継いで豆富職人に。晩酌はだいたい毎日ウイスキーを嗜む。

「売っている商品を買って終わり」ではない、離れていても関係が続くような買い物を「シオクリビト」でしてみませんか。
モノではなくヒトを介した繋がりによって、福島県をより一層身近で温かな地域に感じるはずです。

「シオクリビト」https://shiokuribito.com/

 

 

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく