豪州クラフトジンと豪州発モダン タイ料理のコラボレーションイベント

フォーピラーズジン×ロングレイン:カクテルペアリングディナー


PromotionPromotion  / Jul 26, 2019

7月11日、恵比寿ガーデンプレイス39階の[ロングレイン]にて、一夜限りの特別カクテルペアリングディナーが催された。[ロングレイン]は1999年にシドニーでオープンし、本場さながらのスパイスを効かせたタイ料理をモダンな演出の店内で楽しめる人気店。シドニー店は6月末をもって一旦閉店となったが、現在メルボルンとここ東京で美しく刺激的なタイ料理を味わうことができる。

この夜は同じくオーストラリア発のクラフトジンブランド「フォーピラーズ」から同ブランドアンバサダーのサム・アンさん、そしてアジアカクテルコンペティション2019において優勝を果たしたザ・リッツカールトン東京[ザ・バー]の日高理恵さんという二人の豪華バーテンダーを迎え、ゲストはタイのコース料理とペアリングしたカクテルを味わった。

ウェルカムドリンクとして用意されたのは、フォーピラーズ「レア ドライ ジン」をベースとしたマティーニ。グラスの外面にあしらってあるのは抹茶パウダーで、飲む際に唇でマティーニと混ざり合うことで柔らかな口当たりと香りを含めた奥行きをカクテルに与える。日高理恵さんのオリジナルで、フォーピラーズのカクテルコンペで優勝したレシピだ。

△ 優勝カクテルを披露したザ・リッツカールトン東京[ザ・バー]の日高理恵さん

ウェルカムから贅沢なカクテルをいただくと、前菜としてバジルがアクセントとなったタイ風のドレッシングをまとったマグロタルタルと、イカをレアなフリットにしたパクチーハーブサラダのふた皿。少し辛みのあるスパイスとハーブの風味が食欲を誘う。

ここからはブランドアンバサダー サムさんのペアリングメニュー4品。まず魚料理として用意されたのは、ソフトシェルクラブ(カニ)とホワイトセロリのカレー炒め。甘いカレーの中にカニの香ばしさとほうれん草、セロリ、オニオンなど野菜の味が溶け合う。「カレーにはビール」というセオリーに忠実な発想で作られた「ブレックファスト・ビア」はオレンジ色のカクテル。ベースとなる「ネイビーストレングス ジン」はアルコール度数58.8%と強めのジンで、オーストラリア原産のフィンガーライムが使われている。これにグレープフルーツジュースと自家製マーマレード、トップに少量のビール(ブリュードッグのグレープフルーツビール「エルビスジュース」)を加える。複層的なグレープフルーツの苦味とパンチのあるジンが、まさに新しいタイプのIPAと言われても納得してしまいそうな味を創り出していた。

次のカクテルメニューに目を移すと「PI-NOT NOIR」という文字。ビールの次はワイン風のジンカクテルが用意されているようだ。

果たして、たれに漬け込んだタイ風のハラミステーキ「クライングタイガー」とペアで登場したのはワイングラスに入ったやや淡い赤色のカクテル。オーストラリア産高級ワインブドウ品種シラーズをレアドライジンに漬け込んだ「ブラッディ シラーズ ジン」。スロージンと似ているが、シラーズのワインの香りが感じられるユニークなジンだ(日本の酒税法ではリキュールに分類)。ドライベルモットや梅酒など計5種類をミックスしたカクテルは、チリと一緒に食べるハラミ肉の味をまとめながら香りの感覚を広げてくれる。

そして、メインは「シーフードグリーンジャングルカレー」。スパイシーでガーリックの効いた白身魚のカレーと合わせるのは、「スパイスド ネグローニ ジン」をベースとしたフィズ。カレーリーフがカクテルの中で使われており香りの調和性が高い一方、カレーのスパイスをクールダウンしてくれるような一杯。最高のネグローニのために生まれたこのジンだが、スパイス料理と合わせても最高だというサムさんのメッセージのようにも感じられた。

一品一品、素晴らしい香りと味を楽しませてくれる[ロングレイン]の料理と、ジンカクテルの奥深さを楽しさとともに感じさせてくれるフォーピラーズジンのカクテル。満足をさらに大きくしてくれたのは、デザートの「タイコーヒーパンナコッタ」と「コーヒーネグローニ」のペアリングだ。

海外では絶大な人気を集めるエスプレッソ・ネグローニ。「レア ドライ ジン」をベースにスイートベルモットやカンパリが効いた一杯は、コーヒーカップでいただく。苦さと甘さが絶妙なパンナコッタとの相性は完璧。この特別なペアリングコースを見事に締めくくった。

サムさんが最後の挨拶と感謝を述べると、限定20席のイベントに参加したゲストからはサムさん、日高さん、そして[ロングレイン]に大きな拍手が送られた。

オーストラリアという風土を活かしたジン作りを行うフォーピラーズのジン4種類(=4つの柱)から生み出される多種多様なカクテルの味に、昨今盛り上がりを見せるクラフトジンのさらなる発展の可能性と、そのムーブメントを牽引する蒸溜所の一つでなるであろうフォーピラーズの実力を感じずにはいられない夜となった。

Longrain(ロングレイン)
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー 39F
http://longrain.im-transit.co.jp/

Four Pillars(フォーピラーズ)
https://whisk-e.co.jp/product_types/fourpillars/

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく