イベント:6/10 (日) 本屋B&Bで開催

人気ベーカリー[365日][15℃]オーナー・杉窪章匡さんとトークイベント


RiCE.pressRiCE.press  / Jun 8, 2018

上等なサンドイッチを食べながら話す日曜の夕べ

6/10 (日) に東京・下北沢にある本屋B&Bにて、人気ベーカリー[365日][15℃]のオーナー・杉窪章匡さんを迎え、本誌編集長・稲田とのトークイベントを開催します。

代々木八幡のベーカリー[365日]や、カフェ[15℃]を手掛け、いくつもの人気店のプロデュースを行ってきた杉窪さん。今春には3軒目の直営ベーカリー[ジュウニブン ベーカリー]を京王百貨店にオープンするなど、その活躍はさらなる広がりを見せています。従来のパン製法をリノベーションし、数々の革新的なパンを創造してきた杉窪さんに独自のサンドイッチ論を伺います。

そして当日は、[15℃]のサンドイッチも会場に用意。杉窪さんと稲田編集長のサンドイッチにまつわる話を聴きながら、ゆっくりサンドイッチの奥深さを感じ、面白がりつつ、サンドイッチを食べてみませんか?

▲ 当日はスモークサーモンとアボカドのサンドイッチ、365日×BLTなど[15℃]の人気サンドイッチも食べられます

杉窪さんは誌面での取材で、「サンドイッチは、味覚とセンスがあれば美味しく作れる」と定義されており、料理の名人でなくても、美味しいものを食べ歩きしてるセンスのある人の方ならまず美味しく作れると、仰っています。

なので当日は、杉窪さんから「サンドイッチを美味しく作るコツ」のようなものも、伝授してもらえるかも。

さらに、夏休みでベルリンとパリを旅し、美味しいものをたっぷり満喫してきた杉窪さんの旅話も聞けるかもしれません。

ぜひ、日曜日の夜を美味しいトークとサンドイッチで、お過ごしください。

杉窪章匡
1972年石川県出身。[365日][15]オーナーシェフ。辻調理師専門学校卒業後、パティシエとしてキャリアを積んだのち、パン職人に。2000年に渡仏、[ジャマン]や[ペトロシアン]などで修業し、2002年に帰国。複数のパティスリーやベーカリーでシェフを務めた後、ウルトラキッチンを設立。名古屋、福岡、神奈川にプロデュース店を手がけ、東京・代々木公園に自身の店[365日][15]をオープン。著書に『「365日」の考えるパン』(世界文化社)など。

稲田浩
1969年大阪府出身。『RiCE』『RiCE.press』編集長。ライスプレス代表。ロッキング・オンでの勤続10年を経て、2004年ファッションカルチャー誌『EYESCREAM』を創刊。2016年4月、12周年記念号をもって『EYESCREAM』編集長を退任と共にライスプレス株式会社を設立。同年10月にフードカルチャー誌『 RiCE』を創刊。2018年2月よりウェブメディア『RiCE.press』をローンチ。https://www.rice.press/

本屋B&B トークイベント
杉窪章匡 × 稲田浩

「[15℃]の上等なサンドイッチを食べながら話す日曜の夕べ」

日程:6/10(日)19:00〜21:00
出演:杉窪章匡[365日][15℃]、稲田浩(RiCE編集長)
場所:本屋B&B(東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F)
入場料:2,000円+1drink(※ [15℃] のサンドイッチ付き)
申し込みはこちらから

CREDIT
写真: 岩崎美里

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく