一期一食

014. throwback stay home Luxury ver.


Orito HamadaOrito Hamada  / Jun 9, 2020

6月に入って、緊急事態宣言が解除されたり、されなかったり。世の中も動き始めたり、止まったり。常に心配しながら行動をしないといけないことは何も変わりがない。正直一旦解除すると、気が緩んでしまいがちだし、Stayhomeが少し重たくなってしまうのも人間というもの。うーん困ったなー。そういう気持ちを打開するべく、ちょっと贅沢してみたりしていたのがちょうどこの時期だった。ちょっと普段食べないものを買ってみたり、地域に住んでいる仲間の由来のものを買ったりしながら、新しい楽しさを見出していったのです。ただ単にお金を使うことへの違和感は今回のStayhomeで一層強くなったのかもしれない。もっと意味のあることに、納得が行くことに、愛せる相手に届けたいと思ったんだ。

壱岐の超イケてる[ゲストハウスみなとや]の雲丹の瓶詰め。

漁師と海女さんの最強ご夫婦が営んでいるとても温かい場所。

そして、スパイスカレーも最強。早く帰りたい。

ラベルに書かれている顔を見ながら壱岐を思い浮かべて美味しく頂きました。もちろんウニ丼でね。

宮崎県児湯郡新富町の一粒1,000円ライチ。

地域創生でも有名なこの地域の特産品。以前伺った時に町の人たちのかっこいい生き方に心うたれました。彼らと農家さんの努力の結晶と言える国産ライチ。大好きな先輩にもサプライズで送ってしまった。写真よりも実物は大きく感じますよ。来年は是非手にとって欲しいです。ちょっと高いけど買う価値がありますよ。

[81]のジビエバーガー。ジムの帰りに見つけてしまい、即オーダー。

お店のユニークさも大好きだけど、こういう料理を楽しめるのもStayhomeの素晴らしさと前向きに捉えて楽しんでました。3種類バーガーがあったけど、全部美味しかったな。

[Hibusuma]の小籠包

15年以上食べている小籠包。外食は本当に控えていたんだけど、近所のお店なので行ったよ。お店の方と会った時、ちょっと泣けた。温かい外食を食べた瞬間またちょっと泣いた。「こんなに美味しいんだ」って。衛生管理や自己管理をしたうえで自分が好きな店には通わなきゃなって改めて思った。

比良山荘]の猪のじゅん菜鍋

予約取るのがとっても難しいお店もお取り寄せを始めましたね。

行くのも大変なお店だけど、それだけ価値のあるお店の味が自宅で味わえる。もちろん、現地に行って食べるのが絶対美味しいんだけど、自宅で味わえる楽しさも僕たちはもう知ってしまったよね。見た目よりもあっさりクリアーなのに、主張あるコクが牡丹肉の良さですね。

Stayhomeで変わったのは、デジタル化による時間の使い方だけじゃなくて、お金の使い方だと思う。何に使うか、競合とか業界とかの前にそもそもどう生きたくて、そのためにはどういうお金の使い方が必要で、ということがより濃くなったんじゃないかと思う。一般的なハレとケの考え方から、自分なりのハレとケがより深まった。だから、人との交点を見つけた時の感動もきっと深まる。そうやってまた新しいつながりが生まれていくんでしょうね。

周りの基準だけじゃなく自分の中に基準を持てること、それってまさにアーティストがやってきたことだし、向き合い続けてきた事自体も良かったと思えるし、そのやり方が誰かのためになるのならこれからもどんどん拓いていきたいと心から思います。

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく