レポート:『食の鼓動 - inner eatrip』

フードディレクターの野村友里が手掛ける、全く新しい “食べない” 食のライヴパフォーマンス


RiCE.pressRiCE.press  / Feb 9, 2018

 

フードディレクターの野村友里が企画・演出を手掛けたライヴパフォーマンス「食の鼓動-inner eatrip」が南青山のスパイラルガーデンで開催された。

▲ 臨場感あふれるパフォーマンス

料理家や医学博士、音楽家、タップダンサー、映像作家、デザイナー、陶芸家など各界を代表するクリエイターたちのジャンルの枠を超えた共演によって、「食」から形づくられる体の「鼓動」を臨場感あふれるパフォーマンスにより表現し、観ている人それぞれの食の記憶を想起させた。

▲ さまざまなジャンルの枠を超えて

東大医学部付属病院循環器内科助教で医学博士の稲葉俊郎と野村の出会いから始まったこのイベント。
稲葉医師は、心臓を診る循環器内科で生と死を日常的に感じることが多く、その経験から「食とは生きること」と言い切る。実際に飲んだり食べたり口から入れて体を作っていく生きる糧としての食。料理を作る人の気持ちだったり、食材そのものの持つエネルギーだったり、きれいだなとか美しいなとか悲しいなといった感情を作っていく心を満たす食。目には見えないけど「生きること」につながっている食、稲葉医師が説くそんな言葉に野村が呼応したことが、このライヴパフォーマンスが生まれるきっかけとなったそうだ。

▲ 観客の視線が集まる舞台上

舞台だけでなく観客がいる会場全体の空間を余すことなく使うまるでインスタレーションのようなライヴは、大人だけでなく子供も楽しめるギミックに満ちている。
舞台中央に鎮座する厨房の周りをぐるっと囲ったカーテンには影絵が浮かび上がり、中からは時折トントントンと包丁で食材を刻む音、ジュージューとフライパンで焼く音、グツグツと鍋で煮る音が聞こえてくる。音だけでとてもうまそう。さらに場内を香ばしい匂いをまとった布が舞って香りを振りまき我々の食欲を激しく誘う。聴覚で、嗅覚で、目に見えないのに感じる食。食べないのに感じる食を会場全体で体感する。

▲ カーテンに浮かび上がる影絵

▲ 野村さんの様子をじっと見ている子供

▲ 厨房内では肉をカットしている最中

▲ カーテンの中を覗いてみると

稲葉医師は「鼓動とは命のリズムだ」と言う。
「仕事で毎日何十人という鼓動を聴いてると、そこに個性があり、個性というのは心臓のリズムなんです。その人の状態が心臓や脈に現れていて、前のめりになっているときは脈は早く打つし、リラックスしているときはゆっくり打つし、1分くらい聴いているとその人の心理状態がわかるんです。リズムというのはもともと人間の体の中にあるもので、いつもリズムを感じて耳をすます、そこが音楽にも通じてると感じています」と稲葉医師は続ける。
自然界に生きているものすべてが鼓動を打っており、動物は心臓の鼓動を打ち、植物は天地と調和して四季や陰影を我々に感じさせる自然の鼓動を打つ。生きている限り、鼓動は止まない。

舞台で鼓動を体現するアーティスト達も豪華だ。
12/28はミュージシャンのハナレグミ・永積崇、12/29は同じくミュージシャンのUA、そして12/30はタップダンサーの熊谷和徳と三者三様のパフォーマンスでライヴを彩った。
特に最終日のパフォーマンスは圧巻だった。ピアノやギターが奏でる旋律、刻まれるリズム。太鼓の打音、ベースの弦を爪弾く音、さらにリズミカルにステップを踏む熊谷のタップ音が乗りアンサンブルにサウンドの厚みを持たせて高揚感を煽っていく。それらが包丁の刻む音、フライパンで焼く音、鍋で煮込む音と共に重なり合って、食の心音を鳴らし「鼓動」を成している。あまりに圧倒的なグルーヴ感に誘われてか、一日目に続き永積が飛び入りで登場。永積の力強くて優しい声が観客の心地よさを高めていき、「食の鼓動」がここに極まる。

▲ 出来上がった料理を持って

美味しいそうな音がして、美味しそうな匂いがするのに食べられない。生殺し感もハンパないが多幸感もハンパない。そんな「食の鼓動-inner eatrip」の次回を期待せずにはいられない。

食の鼓動 – inner eatrip
日程:2017年12月28日 (木) 〜30日 (土)
会場:スパイラルガーデン (東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F)
企画・構成:野村友里
音楽構成:青柳拓次
音楽出演:青柳拓次、ささたくや、曽我大穂、高木正勝、渡辺亮
音響演出:牟田口景
料理出演:勝見淳平、吉川倫平
ゲストパフォーマー:28日・永積崇 (ミュージシャン) 、29日・UA (ミュージシャン) 、30日・熊谷和徳 (タップダンサー)
トークセッション:稲葉俊郎 (東京大学医学部付属病院循環器内科助教)

<関連イベント情報>
いのちの鼓動 (日替わりトークセッション)
日程:2017年12月28日 (木) 〜 30日 (土)
会場:スパイラルホール (東京都港区南青山5-6-23 スパイラル3F)

・12月28日 (木) 15:00〜16:30
Talk Session1朗読「言霊」 ゲスト:永積崇 (ハナレグミ、ミュージシャン)
・12月29日 (金) 15:00〜16:30
Talk Session2献歌「呼吸」 ゲスト:UA (ミュージシャン)
・12月30日 (土) 13:00〜14:30
Talk Session3振動「リズム」 ゲスト:熊谷和徳 (タップダンサー)

CREDIT
Text by Haruhisa Marunaga (RiCE.press)

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく