レポート:6/5 (日)「Farmer’s Market」

Ode特製サンドがフードトラックで登場


RiCE.pressRiCE.press  / Jun 9, 2018

ここでしか食べられない絶品サンドイッチ

6/3 (日)に東京・青山の国連大学前で開催された「Farmer’s Market」。その会場内にて、広尾の人気レストラン[Ode]生井祐介シェフが考案した特製サンドが販売された。

▲ フードトラックではサンドイッチとハイボールを提供

これはRiCE7号の誌面企画「シェフ 三つ星サンドイッチ作りました」との連動企画として実現したもので、生井シェフが作る「自家製フォカッチャの生姜焼き風ポークサンド」がフードトラックで実際に食べられるという贅沢なイベントとなった。

▲ 開店早々、多くの方がフードトラックに

昨年秋にオープンすると瞬く間に人気を集め、いまもっとも注目を集めるレストランの一つとなった[Ode]。そんな[Ode]のサンドイッチが食べられる貴重な機会とあって、11時の販売開始とともに多くの人がフードトラックの前に。

▲ 注文後に目の前で調理。作りたてのサンドイッチを堪能

フォカッチャやシュークルート、調味料まですべて自家製。味付けも「Farmer’s Market」での提供を想定し、誰もが好きな生姜焼き風にアレンジされた豚肉がたっぷりと挟まれたサンドイッチをみな美味しそうに頬張っていた。

▲ 会場で販売もしていたRiCEオリジナルエプロンをアピールする編集長の稲田

このサンドイッチを考案した際に「初めての方はもちろん、[Ode]に来たことのある方にも満足してもらえるサンドイッチになりました」と話していた生井シェフ。その言葉通り、会場には[Ode]の常連の方も多く訪れ「お店の味を外で食べられて嬉しいです!」「生姜焼き風とあったのですが、単なる生姜焼きではなく、しっかりアクセントが加えられていてさすが[Ode]の作るサンドイッチだなと思いました」などみなさん満足そうに味わっていたのが印象的だった。

▲ 笑顔が素敵なOdeのスタッフのみなさん

また、夏日を思わせるような快晴に恵まれたこの日。サンドイッチに合わせてソーダメーカーの「ソーダストリーム」を使い作られたハイボールも提供され人気を集めていた。

▲ 「ソーダストリーム」の炭酸水と、「オールドバー シルバー」を使って作るハイボールは、サンドイッチとの相性も抜群

サンドイッチは大きな反響を集め、予定よりも早い時間に完売。生井シェフは今回のイベントを振り返り「楽しかったです! 初めての方から、ふだん[Ode]に来ていただいているお客さまにもたくさん来ていただきました。いつもの[Ode]の雰囲気とは違う一面を感じていただけたのではないかなと思います。スタッフのみんなもいつもと違うスタイルを楽しんでくれたようで良かったです。「Farmer’s Market」だとまわりに他の出店しているお店があり、今回だと古着のイベントをやっていたり、食だけでなくほかのカルチャーが混在している中でやれたというのもすごく面白かったです。ふだん知り合えない方とも知り合えたり、そういうところが僕も含めスタッフにとってもすごく刺激になりました!」とコメント。

▲ 今回のイベントで「すごく刺激を受けた」と語る生井シェフ

「Farmer’s Market」という“食”を中心に様々なカルチャーが集う場所で[Ode]の新たな一面が垣間見れるイベントになったよう。ぜひ、またの機会を期待したい。

Farmer’s Market
会場:青山・国際連合大学前広場
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-70
時間:毎週末 土曜日曜 (10:00〜16:00)
http://farmersmarkets.jp

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく