使い方は自由自在。ヴィーガンの方にもおすすめ

メープルシロップの可能性


PromotionPromotion  / Apr 30, 2022

自然の贈り物。メープルシロップ

天然の樹液から出来た本物の自然食品である、メープルシロップ。ただ甘いだけではなく、豊富な栄養と67もの種類のポリフェノールを含んでいるので健康的だ。

さまざまな料理を引き立てる調味料としてもとても万能、カナダ国内の家庭料理では、日本の「みりん」のような使われ方をすることが多いそう。動物性ではないからヴィーガンの方にもおすすめであり、時勢にもあっている。RiCE.pressでは、メープルシロップの料理における可能性をご紹介する。

そもそもメープルシロップというと、代表的な生産地であるケベック州だけで、世界の生産量の72%を占め亭る。そのなかでも同州の13,000余り の生産業者を擁する現場の生産者の地位向上を目指しながら、高い価値のあるメープル製品を作り出すために国内外で活動を展開しているのがQMSP(ケベック州メープルシロップ生産者協会)であることを覚えておいて欲しい。

近年日本でも浸透しているメープルシロップだが、純粋な自然食品であることはまだあまり認知されていない。その事実をより広く知らせるべく、メープルの純粋さと日本の方々に馴染み深い精進料理を掛け合わせた、「精進ヴィーガンパンケーキ」のレシピをご紹介したい。監修したのはRiCEでもお馴染みのスターシェフ・米澤文雄氏だ。

 

僧侶の青江覚峰氏が考えた「メープルシロップ入り精進前菜」のレシピはこちら。

メープルシロップといえども、味わいはとても多様。「ゴールデン=デリケートテイスト」、「 アンバー=リッチテイスト」、「ダーク=ロバスト」、「ベリーダークーストロングテイスト」の4カテゴリーに分類できる。

それぞれ、 色合いと味に違いがあり、パンや肉料理のお供、朝の食事などさまざまなシチュエーションで、好みのメープルシロップを選ぶことで、その楽しみ方も広がるはずだ。

ケベック州メープルシロップ生産者協会のホームページとインスタグラムでは、軽食や家庭料理、和食への新たな提案など、メープルをふんだんに使ったレシピが掲載されている。こちらもぜひチェックしてみて。

【ケベック・メープルシロップ生産者協会とカナダ産メープルブランド】

ケベック・メープルシロップ生産者協会(QMSP)の使命は、持続可能な開発の原則を尊重しながら、ケベック州のメープル生産者の利益を促進し、ケベック州産メープル製品の生産と販売を最大限に発展させることにあります。協会は約13,300人の生産者と8,000社の企業を代表しています。彼らの努力によりケベック州は世界のメープルシロップ生産量の年間平均72%を生産するようになりました。私たちケベック・メープルシロップ生産者協会は、カナダ産メープルブランドに誇りを持ちサポートし、カナダのメープル産業を代表して、カナダ産メープル製品の国際的なマーケティングとプロモーション活動を統括しています。また、国際的なメープルの研究とイノベーションネットワークを先導しています。

日本公式ホームページ: https://maplefromcanada.jp/ (日本語)
日本公式Facebook  : https://www.facebook.com/maplecanadajp/ (日本語)
日本公式Instagram  : https://www.instagram.com/maplecanadajp/ (日本語)

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく