have more RiCE

黒大根とナンプラーの相思相愛な関係


Yohei MatsuzakiYohei Matsuzaki  / Feb 27, 2018

冬野菜の中でも根菜、とりわけ黒大根が好きだ。

▲ 切ってみると中は真っ白で綺麗なコントラストが映える

黒大根のはしりを待ちわびて 秋の終わり頃からソワソワ。
黒大根のなごりを惜しみ 春の途中で悲しみに暮れる。
毎年そんな気持ちを抱えながら、今年はどうやって楽しもうか、いや、楽しませてもらおうかと考えながら、寒い冬をやり過ごす。
幸い、職業はカレー屋なので、この黒大根を使って試せることは沢山ある。普通の大根よりも水分が少ないので肉質は緻密で味が濃く、生でも美味しいが火を通した方が圧倒的に美味い。火を入れる時間も他の根菜に比べて長く、根気の要る調理だけど、しっかりとスパイスやソースを吸った黒大根の香りや風味は何物にも代えがたい。
今まではクローブ、セサミ、カロンジなどを深めにローストして作ったマサラ(複数のスパイスをパウダーにして混ぜ合わせたもの)を黒大根に合わせていたけど、ナンプラーとの相性が抜群に良いと気づいたしまった2018年。

▲ ナンプラーをベースに、カピ(海老味噌)を使って、インドよりは東南アジア感漂う風味のソースを作って

ナンプラーをベースにしたソースで煮込んだ黒大根。
これ以上の組み合わせを思いつかない限りはオンメニューしていますので、お試しください。

▲ じっくり時間をかけて味が染みこんだ黒大根とひよこ豆の食感がいいアクセントに

have more curry(ハブモアカレー)
住所: 東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山 B1F
電話: 03-3407-7001
時間: 11:30~20:30 (L.O 20:00)
定休: 木曜休

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく