コーヒーの味わいをホワイトチョコレートで表現

丸山珈琲×Minimalのコラボ商品『カフェチョコ』シリーズ新作登場!


RiCE.pressRiCE.press  / Nov 15, 2021

RiCE.pressでの連載『カカオ見聞録』がリブートした[Minimal]代表・山下貴嗣さん。記事の中では「CHOCOLATE ADDICT CLUB」というスイーツのサブスクリプションサービスについて紹介してくれました。楽しいだけの毎日ではなくても、家にご褒美があるというだけで「もう少し頑張ろう」と思えますよね。そんな幸せを届けてくれるサービスが誕生したというのは、私たちフ―ディーにとって嬉しいお知らせでした。

しかし、[Minimal]からの話題はまだまだあります。「チョコレート中毒」になってしまうような情報がまた届きました。

これまで二度に渡り「食べるコーヒー」をテーマに、コラボレーション商品を送り出してきた[Minimal]とスペシャルティコーヒーの先駆け[丸山珈琲]から第三弾となるチョコレートが発表されました。今回は「焙煎」にこだわり、コーヒーの風味を繊細に映しだす特別なチョコレートになっています!

こだわりは「焙煎」温度差わずか “約4℃”

ホワイトチョコレートをベースに、淹れ方や温度などで変化していくコーヒーの “儚さ” を表現した「カフェチョコ」。使用しているコーヒー豆とカカオ豆は、どちらもドミニカ共和国産で、2017年に山下氏と丸山健太郎氏が現地を訪問し、農園を一緒に回る中で巡り合ったとても印象深いものなんだそう。

そして注目すべきは丸山氏自らが担当した焙煎方法。

「今回はホワイトチョコレートと合わせるので、飲むのにおいしいと感じる焙煎度合いとは異なっても、おいしいものができるのではないかと考え『浅煎り』『中煎り』の2つのロットを焙煎しました。この2つの焙煎の仕上がりの温度差はわずか4℃ほどです。しかしこのわずかな違いの中でも、熱の掛け方などアプローチが大きく違い、結果大きな味わいの違いを生み出します」(丸山)

コーヒーは焙煎が浅いほど酸味が強く、深くなるほど苦味が増すとされます。しかし、同じ焙煎度合いでも熱の入れ方、時間、どの工程にどのくらいの火をかけるかによって、最終的な仕上がり・味わいは大きく変わるそう。どのような化学変化をさせ、どのような成分を構成させるかが焙煎の職人としての味づくりの見せどころです。わずかな違いを追求し、味わいをつくりこめるのは、焙煎職人である丸山氏だからこそなせる業なのです。

2種類のチョコレート

そうして出来上がった「浅煎り」と「中煎り」。
「浅煎り」は、ホワイトチョコレートとコーヒーが口の中で段階的に変化することで、それぞれの味わいの移ろいを、「中煎り」はコーヒーが持つ豆本来の成分が出て全体のホワイトチョコレートの強度とコーヒーの一体感を楽しむことができます。

2人のプロフェッショナルが1ミリ単位でこだわり抜く、繊細で美しい世界にどっぷりつかってみてはいかがでしょう。 その面白さに気づいたとき、きっと抜け出せなくなっているはず!

『カフェチョコ ノエル・ディアス 浅煎り』
『カフェチョコ ノエル・ディアス 中煎り』
※丸山珈琲とMinimalでは、商品の内容量・限定数・価格が異なります。
丸山珈琲
■限定数量:400枚(各種200枚ずつ)
■発売開始日:11月15日(月)
■発売チャネル:西麻布ショールーム、エキュートエディション渋谷店、軽井沢本店、小諸店、ハルニレテラス店、通販(オンラインストア・電話・FAX)丸山珈琲LINEギフト
■価格:1,185 円(税別)/1枚
Minimal
■発売チャネル:富ヶ谷本店、オンラインストア
■発売開始日:
富ヶ谷本店〈11月20日(土)〉
オンラインストア〈11月23日(火)〉
■価格:1,728 円(税込)/ 1枚
※オンラインストアでは2種セットのみの販売
TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく