ルノー カングーに乗り込み、蔵前・LEAVES COFFEE ROASTERSへ

おいしいコーヒーを求めて。ケニーさんと下町ドライブ


PromotionPromotion  / Mar 31, 2020

フランス生まれの自動車ブランド、「ルノー」の「カングー」は、快適に移動することを目的としてデザインされた車内空間と使い勝手のよさが魅力。タフで快適な走行性能の高さに加えて、細い道でもするりと通り抜けるコンパクトなシルエット。街乗りにもぴったりの一台は、丸みを帯びた柔らかな顔立ちも素敵で、郊外のおいしいお店巡りはもちろん、ちょっと近くまでドライブするのにも最適なはず。

お休みの日に好きな音楽をかけてドライブしているとき、ふらっと美味しいコーヒーが飲みたい気分になったら、焙煎から抽出までハイレベルで行なっているコーヒースタンドまで、足を延ばしたくなるフーディーも少なくないのでは。

今回は、自身もコーヒー好きとして知られ、開放的なサウンドで支持を集める人気バンドSPiCYSOL ボーカルのケニーさんと一緒にドライブ。昨年蔵前にオープンした話題のロースタリーカフェ[LEAVES COFFEE ROASTERS]へと遊びにいきました。

リノベーションが施された建築物に、感度の高い飲食店やセレクトショップが多数入居し「東京のブルックリン」と形容されることもある蔵前エリアをドライブするケニーさん。「カングー」の乗り心地を尋ねると、「デザイン性が高いから街中で乗るのもいいし、走りもすごく快適ですね。あと僕は海に行くことも多いのですが、サーフボードにウェットスーツ、そしてギターと遊び道具を全部積んでもちょうどいいサイズ感だなと。美味しいコーヒー豆を買って、浜辺で淹れたてのコーヒーを飲みながらギター弾いて。波がよかったらサーフィンして…そんな楽しみ方も最高だと思います」と笑顔で語ってくれました。

コーヒー豆を焙煎するいい香りがしてきたら、お店が近づいてきた合図。到着したら早速、オーナーである石井康雄さんにご挨拶です。

石井:こんにちは!ケニーさんはコーヒーお好きなんですか。

ケニー:コーヒー大好きです。カフェとかでもよく飲むし、自分で挽いたコーヒーを、ペーパードリップで淹れて飲みます。でも特別詳しいわけではないので、今日は色々教えてください。

石井:うちのコーヒーは焙煎が全体的に浅めなので、苦味が強いものというよりはフルーティーなコーヒーです。今日は四種類豆を用意しているんですけど、おすすめはエチオピアのナチュラルかな。

ケニー:(淹れてもらったコーヒーを飲んで)僕こんなコーヒーはじめて飲みました。ほどよい酸味でスッキリ飲めるし、甘みもあってすごく美味しいです。

石井:はじめて飲むとびっくりしますよね。僕も浅煎りのエチオピアに衝撃を受けて、コーヒーにハマっていったんです。

ケニー:焙煎は昨年からスタートしたんですよね。

石井:そうですね。誰かが焙煎したコーヒーだと、自分が美味しくコーヒーを淹れられなくても焙煎した人のせいに出来ちゃうじゃないですか。でもそれってダサいなと思って、自分ではじめようかと。ケニーさんは焙煎にも興味ありますか?

ケニー:焙煎興味あります。

石井:焙煎面白いですよ。こうみえて僕、結構職人肌なんですよ。音楽もいったら職人じゃないですか。何かを作ってる人なら、すごいハマると思います。

ケニー:一歩踏み込んだら危険な世界ですね。

石井:コーヒーの世界はどこも危険ですよ(笑)。道具もすごいスピードで進化していますし、ロースターも急増してシーンの動きも早いです。世界中のコーヒー豆が自動的に届くサブスクリプションを利用していて、意識して世界のコーヒーにアンテナを張っています。コーヒー自体、一日に六〜七杯は飲みますね。

ケニー:たくさん飲まれてますね。そんな石井さんが目指している一杯は、どのようなものなんですか。

石井:甘みにも特化しながら、香りが豊かなコーヒーを目指しています。僕がコーヒーの世界に入った時には、北欧系のロースター、いわゆる「ノルディックロースト」にフォーカスがあてられていました。すごく香りはいいんですけど、ちょっとだけ甘さが弱い。僕は独学でコーヒーを勉強していたんですけど、どうしても甘味の弱さが引っかかって。元々自分が経験したことしか信じることができないタイプだから、正しいと「されている」ものより、時間はかかってもいいから「自分にとって理想のコーヒーは何か?」を突き詰めたかった。

ケニー:めちゃめちゃかっこいいですね。

石井:お店の名前の「LEAVES」は、枯葉という意味。でも直接枯葉を表しているんじゃなくて、僕たち自身は葉っぱをつける大きな木だと思っている。時間が経てば、朽ちた枯葉はどんどん落ちていくし、同時に新しい命が芽吹きますよね。これは新しい機械や技術を、臆することなく取り入れたいという意味です。でも無闇に取り入れるんじゃなくて、根っこの部分はブラさない。自分が美味しいと思った、「甘さと香りにフォーカスを当てる」というところは変わりません。

ケニー:とっても勉強になりました。このあたりは普段あまり来ないんですけど、また遊びに行かせてください。

石井:いつでもコーヒー飲みにきてくださいね。

ルノー カングーZEN EDC
(¥2,647,000)
問い合わせ:ルノー・コールTel.0120-676-365 9:00~18:00(年中無休)

KENNY
1987年生まれ。北海道出身。ロック、R&B、レゲエ、ヒップホップ、サーフ・ミュージックをルーツとした開放的なサウンドが特徴で、“The Surf Beat Music”というテーマを掲げているバンドSPiCYSOLのボーカル・ギターとして活躍。

LEAVES COFFEE ROASTERS
東京都墨田区本所1-8-8
Tel 03-5637-8718
10:00〜18:00
火・水・木・金定休
https://leaves-coffee.com

CREDIT

Photography by Yuri Manabe
Text by Shunpei Narita

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく