ラーメンに魅了された“ヘッズ”たちが作る渾身の一杯

ドキュメンタリー映画『RAMEN HEADS』で描かれた究極のラーメン屋 (とんこつ以外) 9選


RiCE.pressRiCE.press  / Feb 9, 2018

これまでにないラーメンを描いたドキュメンタリー

最新号のRiCEでも特集している映画『ラーメンヘッズ』が公開中だ。1月27日より全国で順次公開され、いよいよ2月17日からは大阪のシネ・リーブル梅田とシネマート心斎橋でもスタートする。公開前から様々なメディアでも取り上げられるなど、大きな注目を集めていた今作は、ラーメンに魅了された“ヘッズ”たちを主人公にしたこれまでにないドキュメンタリー映画だ。

▲ 映画の主役であり、千葉県松戸にある人気店[中華蕎麦 とみ田]の富田治

業界の最高権威、講談社TRY(Tokyo Ramen of the Year)大賞4連覇を成し遂げキング・オブ・ラーメンと名高い[中華蕎麦 とみ田]の富田治を筆頭に、1月放送の情熱大陸でも取り上げられた[らぁ麺屋 飯田商店]飯田将太、ラーメン店として世界初ミシュランガイドの一つ星を獲得した[Japanese Soba Noodles蔦]大西祐貴など、現在の日本ラーメン界の象徴とも言えるラーメン職人たちが登場。彼らを追うことでラーメンとは何なのか、なぜこれほどまでに人々を魅了するのか。現代のラーメン文化を鮮烈に描き出している。

▲ 2017年9月に開催されたスペインの「サン・セバスティアン映画祭」に招待され公式上映された。

RiCE本誌では、映画に登場する富田治、飯田将太への取材のほか、重乃康紀監督と大島新プロデューサー、大西祐貴とラーメン好きで知られるサニーデイ・サービス田中貴の対談を実現。ラーメンの作り手と映画の作り手。両者の目からラーメンを捉え、その魅力に迫っている。ぜひ映画と合わせてそちらもご覧ください。

▲ 映画『RAMEN HEADS』Official Trailer

『ラーメンヘッズ』
1月27日(土)よりシネマート新宿、シネ・リーブル池袋、MOVIX亀有、千葉劇場ほか全国順次ロードショー
www.ramenheads.com
©ネツゲン

『RAMEN HEADS』で取り上げられた
究極のラーメン屋9選

映画『RAMEN HEADS』には、[中華蕎麦 とみ田]を筆頭に重乃康紀監督が選び抜いたラーメン屋たちが登場する。監督が取材で海外へ行った際に入った店が、NY進出した一風堂の影響なのかどこにもとんこつラーメンしかなく、海外の人はラーメンと言えばとんこつしか知らないと感じたそうだ。だから、世界へ向けて日本のラーメン文化を伝えたいと考えたときに、敢えてとんこつ以外のものを取り上げたかったと言う。

『RAMEN HEADS』で取り上げられたラーメン屋はどこも名店ぞろいで、個性もそれぞれ。豚骨魚介に、研ぎ澄まされた醤油もあれば、昔ながらの懐かしさ溢れる醤油もあり、新進気鋭の真鯛で出汁を取った塩、おふくろの味に包まれるような味噌もある。麺も細麺から中太縮れ麺や極太麺まで種類も様々。

そんな映画に登場した個性派だらけの名店を下記に紹介。


中華蕎麦 とみ田
店主こだわりの濃厚な豚骨魚介つけ汁に絡む、豪快にすすりたくなる国産小麦のみを使用した自家製太麺に熱気的なファンも多い。現在TRY大賞4連覇中の行列必至な名店。

住所: 千葉県松戸市松戸1339 高橋ビル1階
電話: 047-368-8860
時間: 11:00~売り切れ仕舞い
定休: 水曜日(不定期でのお休みあり)
http://www.tomita-cocoro.jp

らぁ麺屋 飯田商店
TBS系「情熱大陸」でも取り上げられた店主・飯田将太の細やかなこだわりが自家製麺やスープだけでなく接客や内装など随所に行き届く。その心配りに評論家にもファンが多いTRY大賞受賞店。

住所: 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14
電話: 0465-62-4147
時間: 11:00〜15:00(売り切れ仕舞い)
定休: 月曜日(祝日の場合は翌日休み)
http://r.iidashouten.com

Japanese Soba Noodles 蔦
言わずと知れたラーメン店として世界初のミシュランガイドの一つ星を獲得。その後もそこに胡座をかくことなく創造と革新を止めない飽くなき探究心から生み出されるラーメンは極上のひとこと。

住所: 東京都豊島区巣鴨1-14-1 Plateau-Saka 1F
電話: 03-3943-1007
時間: 11:00~16:00、18:00~21:00(売り切れ仕舞い)
定休: 水曜日
http://ameblo.jp/yuki-onishi

谷ラーメン
人気の醤油ラーメン&半チャーハンセットに足繁く通うビジネスマンも多い、有楽町駅ガード下で50年続く老舗ラーメン店。日本の高度成長期を支えた昭和の香り漂う佇まいが渋い。

住所: 東京都千代田区丸の内3-7-11
電話: 03-5223-2223
時間: 11:00~14:00、17:00~20:30
定休: 土曜日、日曜日、祝祭日
中華そば 井上
築地場外市場で50年続く、早朝5時から行列のできる昔ながらの立ち食いラーメン店。昨年8月の大規模火災で現在休業中だが、営業再開を熱望するファンも多い。

住所: 東京都中央区築地4-9-16
電話: 03-3542-0620
時間: 4:30〜13:30
定休: 日曜日、祝祭日、休市日(主に第2・4水曜日)
http://tsukiji-monzeki.com/shop/inoue/
鯛塩そば 灯花
愛媛県宇和島産の真鯛を贅沢に使った出汁と絶妙な塩加減のスープが、飲み口が優しく上品な味わいの鯛塩そばが自慢の次世代ラーメン店。すっきり食べられるので女性にもおすすめ。

住所: 東京都新宿区舟町12-13 石原マンション1階
電話: 03-3354-3303
時間: 11:00~23:00
定休: 無休
http://ramen-toka.com/tai_toka
味噌らぁめん 一福
選び抜かれた4種の信州味噌と麦味噌を合わせたスープによく絡む中太縮れ麺。女将・石田久美子が作る「味噌らぁめん」は優しく包み込むような、まさにおふくろの味。ミシュラン東京2017年掲載店。

住所: 東京都渋谷区本町2-17-14 小泉ビル1階
電話: 03-5388-9333
時間: 11:30~14:30
定休: 月曜日(祝日の場合は翌日休み)、第2・4火曜日
https://twitter.com/ichifuku1030
中華そば 葉山
注文を受けてから青竹で踏み丁寧に手揉みした自家製縮れ麺がこだわりの「中華そば」が絶品。行列が絶えない人気店ですが、店主が一人で切り盛りしているので、お時間に余裕を見るのがおすすめです。

住所: 東京都新宿区市谷薬王寺町1
時間: 11:30~15:00、11:30~17:30(土・日・祝)
定休: 金曜日(祝日でも休み)、第2・4木曜日(祝日の場合は営業)
https://twitter.com/s_kohjun
中華そば 福寿
店内に一歩入るとまず最初に目につく大きな麺釜が特徴、足しげく通う有名人も多く地元笹塚で64年もの間愛され続ける老舗。茹で上げた麺を平ザルでさらっと掬う店主・小林克也はまさに名人。

住所: 東京都渋谷区笹塚3-19-1
電話: 03-3377-2615
時間: 15:00~21:00、13:30~21:00(土)、12:30~21:00(日・祝)
定休: 火曜日

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく