Beer is Freedom

好きだからこそ問う、ビールって何だろう?


Kazuhiko HashimotoKazuhiko Hashimoto  / Mar 2, 2018

苦い、泡、黄色い、お酒、はじめの一杯、麦、ホップ、ラガー、エール、クラフト……どんなものでも、その物を知っていればなんとなくのイメージを持っていると思う。

▲ スイスのBFMという醸造所のbon-chienという名のビールです

[sansa]というビールに特化したお店をはじめて5年。嗜好性の強いビールとの出会いは10年程前。
自分が触れることの出来るほんの小さな世界の中で、人々のビールの楽しみ方や認識は10年間で大きく変わった。
ふと気を抜くと周りの環境や流行が与える影響は大きくなり、その流れに身を委ねてしまいそうになる。
本来、自分の中から生まれた感覚と誰かに価値づけされた知識に隙間を感じたら、もう一度、それが持つ意味や意義を心を通して見つめ直してみる。

趣味であって仕事であって、パートナーのようで、人と人を繫ぐ言葉にもなる、物質でありながら多面性を持ったビールは自分の一部のような何か。
ビールの楽しみ方や必要性は5年かけてゆっくりと自分の中で変わろうとしているのだが、変わらない核のようなものがある。

原料や、味、イメージではない「自由」という概念。

▲ アルコールは11% 、最も私が好きなビールです

ある程度の制限があるにせよ、使える原料の自由度や、楽しまれるシーンの広さ、伝統を重んじる部分も持ち合わせながら、既存の概念に縛られないレシピの先進性とそれを寛容する飲み手。
どんな事柄でも自分が携わることであれば、形の有無を問わず、きちんと向き合って心と思考、思想として理解していきたい。

今一度、見つめ直してみる。

ビールとは僕にとって自由そのものであり、物質としてのビールについて思考を走らせる度、浮き上がってくる自分の精神性の一部ではないか? と、仮置きする。

▲ グラスとビールの相性を読み解くのもこの仕事の鍵です

上手く言い表わすことが出来ないのだが、そういう類の答えは往々にして思いもよらぬところから降ってくるものだ。気長に待っている。というか、見つからなくても良いとさえ思っている。
大切なのは好きであり続けるということ。

sansa
住所: 東京都港区赤坂2-20-19 赤坂菅井ビル1F
電話: 03-3583-4200
時間: [lunch] 11:30〜14:00 (月〜金)、[dinner] 18:00〜25:00 (月〜土)、18:00〜24:00 (日)
定休:不定休

TAGS

WHAT TO READ NEXT

BALMUDA The Kitchen
会員限定の最新情報をいち早くお届け詳しく